社会福祉士通信教育コース

Correspondence

専門実践教育
訓練給付金のお知らせ

修学にかかる費用をサポート

一定の条件を満たしている方が本コースを学んだ場合、修了するまでに支払った学費の50%が支給される他、
修了日から1年以内に資格を取得し、被保険者として雇用されている等の場合には20%(合計70%)が追加支給される制度です。

修学費用の最大70%が
支給されます!
詳しくは厚生労働省のHPを
ご確認ください。

モリイだからできる!4つの強み!

モリイだからできる!
通信教育4つの強みをご紹介します!

  • Point 01 最短1年6ヶ月で受験資格を取得可能

    Point 01

    最短1年6ヶ月で
    受験資格を取得可能
    (4月入学・翌9月卒業)

  • Point 02 北東北唯一の社会福祉士一般養成施設(令和3年4月現在)

    Point 02

    北東北唯一の
    社会福祉士
    一般養成施設
    (令和3年4月現在)

  • Point 03 全国トップクラスの合格率!国家試験対策講座でレベルアップ!

    Point 03

    全国トップクラスの
    合格率!
    国家試験対策講座で
    レベルアップ!

  • Point 04 社会福祉士修学資金貸付制度や専門実践教育訓練給付金の利用が可能

    Point 04

    社会福祉士
    修学資金貸付制度や
    専門実践教育訓練給付金の
    利用が可能

入学案内・募集要項

募集コースの概要や入学選考料・学費、学費サポート制度などについてご紹介しております。

最新情報

モリイ通信教育コースの
最新ニュースなどをご紹介します!

よくある質問

よくいただくご質問を掲載しています。
入学をご検討されている方は、ご覧下さい。

Q.仕事と両立は可能ですか?
どのくらいの休みが必要ですか?
受講されるみなさんが必修となるスクーリング(相談援助演習)については「連続した3日×3期」となります。また、実習が必要な方は相談援助実習指導のスクーリングも含め「連続した4日×3期」となります。実習も含め、職場の理解が不可欠です。よくご相談の上、調整をお願いします。
Q.スクーリングの時間は?
スクーリングは原則9:30~17:00(休憩含む)です。詳細は入学後に配布される「学習の手引き」をご参照ください。
Q.実習期間はどのくらいですか?
相談援助実習は国の定めにより「180時間以上」となっています。
実習は原則通勤で行うこととしています。1日の実習時間は「実働8時間」です。これにより23日以上の実習期間が必要となります。
本コースの定める実習期間内で「連続した平日で23日以上」を原則としていますが、これが難しい場合は連続する12日を2回に分けて実施します。但し、分割して実習を行った場合でも、学習効果の観点から合間は1か月以内といたします。
できるだけ、ご希望に添えるように調整いたしますが、実習施設の都合等により、ご希望に添えない場合もございます。
Q.実習は居住地近くで行えますか?
本コースと実習委託契約をしている施設が複数ございます。原則この契約施設でのみの実習となりますが、ご希望に添えるように今後調整を行っていきます。
但し、国の定めによりご希望に添えない場合もございます。

モリイだからできる!
受験資格取得までの流れ


全国トップクラスの合格率!北東北唯一の社会福祉士一般養成施設の
充実したカリキュラムで国家資格から資格習得までを完全サポートします。

充実した教育

POINT 01充実した教育

テキストを使用した自宅学習とレポートの作成が学習の基本ですが、学習に関する相談や質問は電話・メール等でいつでもお受けいたします。相談や質問にできるだけ早くお答えすることで、皆さんの学習がスムーズに進むように本コーススタッフがサポートいたします。また、レポートの授受だけではなく、受講生同士の横のつながりを深め「同じ目標に向かって共に学んでいく仲間づくり」も学習を進めていくために効果があります。本コースでは、定期的に学習科目に関連したミニ講座として学習会を開催しています。

POINT 02国家試験

自宅学習・全てのレポートや各科目の試験に合格した受講開始から1年6ヶ月後に本コースを修了し、同時に社会福祉士国家試験受験資格を取得します。ここからいよいよ国家試験受験まで受験勉強のラストスパートです。本コース受講生は、本コース独自の国家試験受験対策講座を受講することができます(費用は別途いただきます)。受験勉強も孤独になりがちですが、一緒に学んできた仲間と一緒に励まし合いながら取り組んでいくことも難関突破には不可欠です。

国家試験
社会福祉登録

POINT 03社会福祉士

国家試験の難関を見事突破し、社会福祉士に合格、手続きを終えるといよいよ社会福祉士として登録されます。これまで学んできたことを生かし、地域に欠かせない社会福祉士として活躍していきましょう!

福祉社会の中核人材

社会福祉士は「社会福祉士及び介護福祉士法」に定められた、福祉に関する国家資格です。
人口減少・少子高齢化・家族形態の変化・障がい・子育て疾病など、私たちの生活に起こる様々な生活問題の相談と、問題解決に向けた援助を行う専門職です。社会福祉士の活躍の場は、高齢者や障がい者、児童に関する福祉施設、福祉に関する相談機関が中心ですが、医療や教育、司法など様々な分野に活躍の場が広がっています。

地域で暮らす全ての人の福祉的な問題を、地域の様々な力を活用して解決する社会福祉士を目指してみませんか?